12/26

新年まで留守にしております。
皆様、よいお年を。
(管理人)
 

12/18

大番長カウントダウン記念に、大胸筋震える北川番長を描こうとしました。
それなのに気がついたら、おっぱいとお尻と赤ん坊を描いてました。何か色々増量してるし。
それもこれも北川番長が巨乳フェチで縞パンマニアの赤ちゃんプレイヤーなのがいけないんです。
いや知らんけどね。歪んだ性生活? 美汐さんも大変だなあ(妄想死)。

谷崎潤一郎の春琴抄。
半世紀前にも萌えの概念はあった。すごい。

というわけで明日からは大番長。久しぶりに体力の限界に挑みます。
予約してないんで万一完売で手に入らない可能性もあるわけでして、
その場合は番長らしく視界に入る予約組をなぎ倒してでも獲得したいと思います。

……DQ3発売当時はマジで洒落になってなかったなあ(笑)。
 

12/11

中の人などいない!
 

11/19
さて明日はエヴァ2の発売日なわけだが。
どうしたものだろう。

体育祭のさなか、BLOOMERの食い込みが気になる、中入れ派の美汐さん。
(視点はそれを目撃、なぜかうろたえている北川くん)
 

11/18

うーん……前回のポーズを後ろから見ているような構図になってしまった。
背中を描くのは難しいなあ。
 

11/17

寝起き美汐さん。
 

11/13

マリみてのゆみすけとカナちゃん。
何て素敵な身長差。
 

11/11

パピヨンさまとホロケウくんのおかげで、最近のジャンプは楽しくて仕方ありません。
 

10/29

龍騎にハマりました。
いいね、これ。ファイズよりもこっちの方が好き。
恥ずかしながら……49話でマジ泣きしてしまいました(苦笑)。
ドラマで涙をこぼすなんて「大地の子」以来ですなあ。しかも特撮とは……。
(管理人には昔、ロボコップ3やドラえもんの映画で泣いた実績がある)

一番好きなライダーはゾルダ。やっぱ大鑑巨砲っしょ。次点でオルタナティヴ。
一番好きなキャラは浅倉さん。あんたのいるとこが祭りの場所だよ!
一番嫌いなキャラはヒロイン。この辺り、ファイズと一緒。

次はデジモンテイマーズにハマる予定です。
僕の考えたデジモン!


世間で評判のぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪ を読む。

ああ……なるほど(笑)。


10/09
『創作とは恣意的かつ独善的なものである。
その性質は特に二次創作というジャンルにおいて顕著であり、
内容の甲乙にかかわらず、楽しんだもん勝ち≠ニいう原則が根底に存在する』

どこぞの原作クラッシャーが贈る言葉です(笑)。
ところで管理人は次回のこんぺに参加する予定はありません。



10/07
久々に見たらめっちゃおもろかった、アルジェントソーマ
(記憶だけを頼りに描いたんで、そこそこ適当なのはスルー)。
わーい、ロリコン主人公だあ(笑)。
わたしゃ、エロゲーに登場するようなヘタレ主人公は大嫌いなんですが、
彼のようにタンスの角に足の小指をぶつけて悶絶した挙句、逆ギレするような輩は大好きです。



09/19
最近種ガンが面白すぎる。
イザークが活躍してるから。
だってママとチューだよ?(意味不明)
うんうん、きっと銀髪の可愛い妹がいるんだろうなあ。
兄に似てキツイ性格キボンヌ。
でも実はすごい甘えん坊さんで「ああっ、お兄ちゃ(とめどない妄想につき以下削除)

近親相姦は好きですか?

いえいえ、別に頭がおかしくなったわけではありませんよ?
古今東西、キリストの誕生以前から近親相姦はあらゆる芸術作品における高尚なテーマとして扱われてきたのです。
ただそれをリアルでやるとかなり問題があるわけで。

はい、というわけで(?)今回は佐藤友哉「フリッカー式」にぶつかって砕けてきました。
まあ率直に言って、後味の悪い作品ですね。
色々とオタク受けする要素は詰め込まれてあるんですが、ちょっとやりすぎ。
あそこまでやられると背徳の悦びより嫌悪感が先に立ちます。
(実際、私は大ダメージを受けました)
だからと言って面白くないかと聞かれたら、面白い部類に入るんですが。
ま、その辺は個々人による嗜好の問題でということで処理。

ああ、それに比べて西尾維新の書く物語は、実は主人公にも読者にも優しかったんだなあ(笑)。
ヒトクイマジカル? 優しい優しい。
で、鬱状態から立ち直るべく「ハサミ男」を読んだりして。うん、面白い。
佐藤と西尾を読んだ後だから、余計に現実世界に根が生えた気分。やっと帰ってこれたと言うか(笑)。
メフィスト賞作家の中では最近は殊能さんと舞城さんが好きかなー。
と意外にミーハーな自分を発見した週末。


09/15
最近バカゲーが好き。
私立アキハバラ学園とか。
登場人物がとにかくオタクな駄目人間揃いで。
ここまで駄目駄目で萌えるヒロインたちは見たことがない(笑)。
何より特筆すべきが二次元世界に生きる変態の学友たち。
連中がいてこそのアキ学で、頬の筋肉が終始痙攣しっぱなしでした。
電波ソングも満載。何だよ校歌って(笑)。
男性キャラもフルボイスで全く違和感ないし、演出の妙を見た感じ。
ところでこの主人公。かなりヒネていていイタイ性格(君望の主人公タイプ)をしているのだが、
現実のオタクを皮肉った、制作サイドの嫌がらせなのだろうか?

09/03
その面白さに今更気づいちゃった漫画

新暗行御史(サンデーGXコミック)
「GXって吼えペンしか読めねーよな」とかホザいてた自分は愚か者です。
とにかく書き込みの質と量が半端でない超絶美麗漫画。
加えて萌えのポイントも外さないという完璧な仕事ぶりに脱帽。
あの仲間由紀恵ばりのオデコがたまらんのですよ(笑)。
原作・作画が韓国人なんですが、もしもこれが向うの水準レベルだとしたら、
怖いですねえ……素晴らしいですねえ!
その内、「手塚治虫は実はコリアンだったんだ! サモハーン!」とか言われないよう、
日本のプロを始め、プロ志望の若手たちには、一漫画好きとして頑張って欲しいと思います。
 

ファンタジスタ(少年サンデーコミック)
かれこれ10年来、週サンを欠かさず読んでる私でありますが、
この作品は度たりとてまともに目を通したことがなかったわけで。
まあ21巻まで出てるんだし、そこそこ読めるんだろーなと思って、
先日試しに一巻を手に取ったわけですが……。

《読前》
「うわー、絵が時代が逆行しとる。何? ヒロインいねーの? 男ばっか? 汗くさっ!」
「どれどれ。サッカー漫画と言えば、大昔のキャプ翼しか知らねー俺様がちょっくら酷評してやろうじゃねーか。ゲボハハハハ!」
この男、一体何様だろう。

《読後》
「おもしれーじゃん、コレ! え、22巻まだ出てないの? 続きが気になるんじゃあ!」 
「ちいっ、今日発売のサンデーを即行チェック! 何!? うわーん、沖田くーん」
こんな感じ。

何かもう、まるで、ひょとしたら、思いつきで書いてるような(笑)
ストーリー構成の慌ただしさが逆にイイ味を出している。
ジャンプなら絶対に全国優勝してからイタリア行くぞ?
あ、そーいや吾郎くんも結局甲子園行けなかったんだよな。
何気にファイトの暁もそれらの流れを汲んでいると思うのは気のせいだろうか?
(相変わらず打ち切り臭が付きまとってるし)
というわけで、そろそろ林田くんも軽量級で全国へ行きましょう。 


08/14
イリヤの空

誘拐

大地の子

のトリプルコンボを立て続けに食らってかなり鬱入ってるこの頃です。
涙ってのは視覚を通して関係している傍観者に容易に伝染るものなんです。
しゃっくりのように。

ところでイリ空の最終巻だが……何かもう生々しいよ。
面白いけど。
読んでて滅茶苦茶胸が痛かった。
上手いけど。
いや、すごくいい話なんだけど、人間が併せ持つ善悪をリアルに捉えてると思うんだけど、
作者から与えられる断片的な情報のみで物語を構成せざるをえない読者にとっては辛い話に他ならないわけで。
まあ、そういうスタイルの作家なんだろうけど。
でもなぁ、泣きゲーは嫌いなんだよぉ!(笑) 


08/06
イリヤの空 UFOの夏 1〜3
ハード指向の秋山瑞人が書いたラブコメということで、まずショック。
あんたホンマに中学生かとツッコみたくなるエロ表紙を拝んで、さらなるショック。
来週最終巻が発売されると聞いて、大ショック。
そんなわけでイリヤ≠ヘずっと敬遠していた作品ですが、まあ秋山瑞人はファンの期待を裏切らないというか、
それなりにリアルでグロで笑えて憂鬱でアングラな展開が待ち構えていたので楽しく読めました。
相変わらずギャグが冴えてます。いんもー、いんもーと……ホントにもう!(笑)。
ただ……。ただ! 文と絵のミスマッチが非常に残念だったり(特にヒロイン)。
エロゲを想起させるイラストレイションは違和感モリモリでした。
いや、エロゲは好きだが。

07/28
闇口崩子ちゃん(13)は大アバレのヒトクイマジカル読了。
ミステリ(今更言及するのもアレだ)の名を冠する以上避けられない展開とはいえ、
ほん……っとにこの作者、登場人物の生死に対して容赦ねーなー。
これじゃ迂闊にキャラ萌えもできん(笑)。

下記の作品を2日でクリア。
まあ、あれだ、やはり10年前の作品だけあって新鮮味に欠けるというのが正直なところ。
テキスト垂れ流しのADVに慣れている分、コマンド選択も煩わしいだけ。
が、そんな感想は、今時の小学生が「あしたのジョー」を「はじめの一歩」と比較して、必殺技がショボいと愚痴をこぼすようなもの。
あくまでハードボイルドを貫いた往年の名作の貫禄は十分に伝わってきた。
(欲を言えばエロスが足りないとは思ったが)

07/24
「EVE burst error PLUS」(ネットビレッジ
が本日(24日)発売された模様……。
このシリーズ、実は一度も遊んだことがなかったり。
シーズウェアの作品で自前で買ったものと言ったら「パラレルハーモニー」くらいか?
どうせ怪我でパソコンには長時間向かっていられない現状……買うかい?
だからといって、PS2のコントローラーなら握って平気という理屈は存在しないが。
はい、こういう人間を世間では馬鹿と言います。

うわー、右手が腱鞘炎になっちまった。
最初は痛風かと思って、めっちゃビビったよ。
痛くて箸も持てねーよ、マウスも握れねえ(あれー?)。
こんなときでもコンビ二で週チャンを立ち読みってる自分がもう馬鹿かと。
虹色ラーメン最高バキ微妙。カオシックとサムライジ、エロ。

07/22
姉*Gえの時代が来る予感。(本当かよー)
「姉、ちゃんとしようよ」(きゃんでぃそふと)が面白いこの頃。
ヒロインを順位付けすると、
ひなのん(長女)>巴姉(四女)>ねぇねぇ(三女)>うみゃ(六女)>姉貴(五女)>姉さま(次女)。
こんな感じ。
このゲームは安価な分、シナリオボリュームは小さいが、
萌えというか……燃えというか……エロ重視に加えて日常テキストで爆笑させてくれた点が高評価。
わかりやすく言うと、家庭崩壊気味なとらハ2?(笑)
ファンディスクで続篇やってくれないかなー。
とか書いてたら、OHP上にて早くも続篇制作の動きが。

「マリアさまがみてる」(コバルト文庫)面白いですねえ。
ラノベを読むのは結構久しぶりですが、一日二冊のペースで既刊分読破してしまいました。
「パラソル」では久しぶりに涙腺弛んだし……読む人を優しい気持ちにさせてくれます、これ。
祥子さまが卒業したら完結するのかな。祐巳がロサ・キネンシス(紅薔薇さま)になって卒業するまで見届けたいものですが。

Ever17情報
今更といや今更なんですが、マジキューコミックスから発売中のアンソロ本は私的に買いです。
沙羅&ホ○○萌え信者の私にとっても満足できる一冊でした。
クリーンヒット……まさかアレな呼称で責めてくるとは妄想だにせず(笑)。
さすがです、らくちんさん。「沙羅VSなっきゅ!?」(どうよ、この萌えタイトル?)は俺オフィシャルに認定(大笑)。
他にもギャグ系良作(1Pや4コマ)が揃っていて、シリアス系地雷オンパレードのアンソロ本にしては当たりでした。
つうわけで次回も期待してます、マジキューさん。 
キタキタキター!(・∀・)

>大幅なCG追加やデスクトップアクセサリー機能の追加
Ever17Windows版発売ケテーイ!
その名も
『Ever17 -the out of infinity- Premium Edition』
って通販かよっ(゚д゚; )
まあ良いさ……沙羅タンの水着とホ○○の立ち絵のために買いましょう。


記念絵。
人によってはネタばれかもしれないんで要注意。



Ever17
最終『ココ』シナリオクリア。
あちこちのレビューサイトで史上最高のVNと謳われる理由が身に染みて理解できました。
このゲームはAIR、月姫と同等以上の歴史的快作であることに速やかに同意します。
当初はなぜPC版でないのかと私自身ぼやいていたものの、
プレイしてみればコンシューマーで発売された理由がよくわかりました。
ただし、ユーザーを選びかねないという点が弱点らしい弱点と言えるかもしれません。
このゲーム、ジャンルはSF仕立てのミステリです。
その手の趣味が苦手な人、または最終シナリオまで読み切る時間と根気に欠けている人は、
不幸ながらもこの作品におけるカタルシスを味わいつくせない可能性があります。
シナリオがいい、ヒロインがいい、演出がいい、音楽がいい、
何よりここまでかっこいい主人公達を私は知りません。
(個人的に、武は月姫の志貴を越えたかも)

贔屓キャラ順(ネタばれ防止につき仮名):
北斗神拳伝承者、変幻戦忍、ゾッキー、少年レイン、21世紀馬鹿(褒め言葉)

総プレイ:約30時間。
DC、PS2本体を持ってない人は友達に借りましょう。
クリア順は、つぐみ→空→優→沙羅→最終シナリオ(ココ)でレッツプレイ。

Ever17のキャラを描きたくて仕方がないのだが、ネタばれを恐れて何も描けないという罠。
SSは言うまでもなかったりする。
笠原弘子さんの歌うエンディングテーマ『Aqua Stripe』は傑作。

I can see the sun,
you can see the moon,
and
There are a little dream and hope in the sky

ビバ南国(^^)。

以上、布教活動でした(笑)。


MBSでSFアニメ映画シリーズが放映中。
で、初めて初代マクロスを見たわけなんですが、
予備知識のほとんどない私は主人公の一条くん(パイロット)が
いきなり上司(20代後半と推測)と浮気に走るシーンを見てコーヒーを吹き出しました(コノヤロウ。
はい、私はリン・ミンメイ(アイドル)が最終的に主人公とくっ付くヒロインだとばかり思ってたんですね。
こんなに緊張感のあるアニメは久々に見ました(笑)。
マックスとミリアの戦闘シーンが素晴らしい。

エルフェンリート(週刊YJ連載中)にハマりました。
打ち切り阻止(まあ万に一つの心配もないでしょうが。
むしろ地獄甲子園を習って実写化w)
のために布教活動をば……。
こんな漫画です、よろニュ!(公式w)


第2回KanonSSこんぺに関して
何ですな、わざわざ時間を割いて感想を書いて下さった方に申し訳ないので、
簡単ですが遅れ馳せながら個別レスをつけさせてもらいました……。

さて……ネタが尽きました。
美汐祭り終了(笑)


おお恐ろしい。今の私は何者かに取り憑かれている。
なんかもう、18歳未満出入り禁止風味。

真琴「第四弾? 死ねば?」
北川「何やさぐれてんだよー」
美汐「真琴がツッコミ役を頑張ってくれないと話が盛り上がりませんよ」
真琴「あー、はいはい。今回もしっぽりと濡れてますねー、お二人さん」
美汐「やだ、真琴ったら」
北川「ははは、狐だけどウマシカだなあ。ちゃんと話を聞いてたか? 
今回俺たちはやましいことなんて何もしてないよ」
真琴「じゃあ、あの粘り気は何よ。なんで潤んだ瞳で見上げてんのよ。
話に出てないだけでやることはしっかりと……」
北川「うるせえ、なんか文句あんのか!」
真琴「逆ギレすんなっ! 変態!」
美汐「はー……腰が痛い」


素人にはお勧めできない諸刃の剣。

北川「何をしてるでしょうシリーズ第三弾」
美汐「わーい」(投げやり)
真琴「……って、お前ら本当になんばしとるかー!」
北川「スタンド能力に目覚めたんだろ」
美汐「まあ、側に立つ者っていいますしね」(よそ見しながら)
真琴「うそだー! パンツいっちょだしー!」
美汐「なんか三回目にして終わりそうですね、この企画」
北川「企画だったのか……」
真琴「しっかし、表情にムラがあるわねー」


私には真琴がこう見えてます。

真琴「何をしてるでしょうシリーズ第二弾〜」
北川&美汐「続いた!?」
真琴「さて、真琴は何をしているでしょう」
美汐「お腹が空いたので食料を調達してる」
北川「道端で肩のぶつかった不良からカツアゲしてる」
真琴「きみたち」



美汐「何をしているでしょうシリーズ」
北川「鏡の前でポーズを取ってる」
真琴「偶然彼氏の浮気現場を目撃してしまい怒りに拳を震わせている」
美汐「正解は『左手に構えた獣の槍で漂流教室してる』です」
北川&真琴「わかるかー!」



執筆の限界に挑んだおかげで頭が痛いです。
ちょうどいいタイミングで投稿SSが来たので息抜きの落書き。
信秀さん……あんたほんまに最高や。エロや……エロ元帥や。


遅ればせながら、空手さんの連載SSにも挿絵を。
 ドラゴン殺しを持たせているのは私の趣味です(笑)。
エロの方がやる気は出るんですが、
たまには社会復帰(?)するのもいいかな。



ずっと描きたかったネタ。
超人伝カノンジャー
ザ・ムービー
200X年冬に全世界同時公開とか言ってみる。
知らない人はここを参照のこと。



ひよひよ劇場……
第一回から見ていなかったことを激しく後悔。
本編よりも次回予告が今では一番の楽しみに。
今月号の活躍次第では、数年ぶりに本誌購入決定。

鬼丸飯店の隣の八百屋……
今週号の太田さんは1コマ目から光ってた。
太田スキーの自分としては非常にハッピーな気分で読み終えたのだが、
次に八神が待ち構えていたために一気に鬱モードに。
「きりん」は大好きだったんだが、思えばこの人の描く漫画は心を鞭打つような展開が多いよな。
頑張れ、雨宮さん。



最近、楽描きが多いなあ。
投稿SSのお礼に描いた挿絵が一枚二枚〜今なら大安売りだよ〜(笑)。
空と名雪は髪型が似てるので困ります(勝手)。
Ever17をプレイ前 → 空を『くう』と呼んでしまう。
Ever17をプレイ後 → 空を『そら』と呼んでしまう。
Ever17のキャラを描きたくて仕方がないのだが、ネタばれを恐れて何も描けないという罠。
SSは言うまでもなかったりする。
笠原弘子さんの歌うエンディングテーマ『Aqua Stripe』は傑作。

I can see the sun,
you can see the moon,
and
There are a little dream and hope in the sky

ビバ南国(^^)。



カレー曜日なんて言う人嫌いです。
というわけで、カレーだけを食すこと早三日が経ちました。
みさき先輩と近藤勇子局長が似てると思うのは私だけだろうか。

「浩平、ワッフルを上げます」
「いらない」

切腹だよもん


えー、そういうわけで(?)、ギャルゲー至上の傑作と評判高い『Ever17』と、
これもまた違った意味で傑作の(笑)『行殺新選組ふれっしゅ』をヨドバシで衝動買いしてきました。
おかげで溜めに溜めたポイントがゼロになりましたが、まあよい買い物をしたと思いましょう(まだ未プレイ)。
さて、Ever17の方ですが……私は『少年(仮名)』萌えです。
「DC盤でなくPS2盤のケースがよかった」と言えば、ヒロイン属性もわかってもらえるでしょう(爆)。
今から徹夜コンプリートに挑みますが、はたしてその後の私のコメントが楽しみです(笑)。


半年に渡り放棄していた長篇SSの執筆再開につき、
4コマ漫画の更新を含めたその他の作業を一時中断させて頂きます。
毎回、楽しみに訪問して下さる皆様方にはまことに申し訳ございません。


北川くん祭り開催中!
(現在休止中)
揺彦さんの「あまやどり」です。
「PARADOX」さんのイラスト(北川他、さっちんや椎子さん)もイイ(゚∀゚)感じです。」


うーん、『1999ChristmasEve』面白い。
とてもフリーとは思えない出来栄えで。
かま狂の血が騒いできたぞ……連載終了モードにやっと入ったってのに(苦笑)。
つうわけで、コンプリしました(後日)。


最近、手首から糸を出したくて仕方がない。
あー、かっこいいよぉ、蜘蛛男。
ビジュアルはもちろんだが、その哀愁漂う背中がイカす。
続編見たいけど、ハズす可能性大だから余り期待しないで待ってよ(笑)。
仮面ライダーも同等のクオリティでやってくれ、とか云ってみるテスト。
……とか言ってたら、すでに続編制作決定してるそうぢゃねえか(後日)。


TOP